シースリー VIO脱毛 流れ

MENU

シースリーのVIO脱毛について詳しく解説!事前処理や流れは?

C3(シースリー) VIO脱毛

 

C3で脱毛を受けたい!という方の為に、こちらでは施術に関しての情報を掲載しています。

 

今回掲載しているのは『VIO施術』に関して。

 

『VIOって脱毛してみたいけど、どういう施術を行うか心配…』
『VIOの施術って恥ずかしい…』

 

などの不安をお持ちの方は、C3で脱毛を浮ける前にコチラをチェックしておきましょう♪


 

C3(シーズリ―)のVIO脱毛について詳しく解説!

VIOに関する疑問を集めてみました
VIOって痛くないの?

C3(シースリー) VIO脱毛

 

VIO脱毛の痛みは個人によって変わってきます。

 

C3では痛みの少ない国産マシンを使用しているので、施術を受けた方からは『思ったより痛くなかった!』などのお声を頂いています♪

 

ただ、VIOは皮膚が薄い場所でもあり、デリケートな部分になります。

 

色素沈着なども起きやすく、全体的に色素沈着が見られる場合ですと光が色素に反応してしまい、多少の痛みを感じる事はあるかもしれません。

 

ただし、飛び跳ねる程の痛みではなく、輪ゴムなどで弾いた程度の痛みと考えておいて頂けると想像しやすいかと思います。


 

VIOって事前に処理が必要?

C3(シースリー) VIO脱毛

 

基本的にどの部位も事前の自己処理は必要です♪もちろんVIOに関しても、出来る範囲で構わないのでご自身で処理しておいて下さい。

 

C3でVIO施術を行う時、そり残しなどがある場合は担当スタッフが処理してくれるので、無理に全て処理しようとお肌を傷めるよりは、出来る範囲で処理していっても大丈夫ですよ!


 

Vラインの処理ってどういう風に処理したら良いの?

C3(シースリー) VIO脱毛

 

無料カウンセリングなどで担当スタッフと、Vラインをどういう形に整えたいかあらかじめ相談しておいて下さい♪

 

希望の形になるように自己処理していけばOKですが、全体的に毛量を減らしたい方は全てのVラインの毛を処理し、全体的に光を当てて毛量を減らした後に好みの形に変えていく…という方法でも大丈夫ですよ。

 

毛量を変えたくない場合は好きな形になるように処理しておけばOKです!


 

C3のVIOラインの施術方法について詳しく説明!

脱毛の流れはコチラ
自己処理しきれなかったムダ毛のそり残しを処理してくれる
施術前に脱毛部位を消毒する
Vラインの毛を残す時は、残す部分を隠して脱毛の光を当てないように処理しておく
V⇒I⇒Oの順で施術していく

 

これが基本的なVIOラインの施術方法になります。

 

どんな体制で脱毛をしていくの?
Vラインを脱毛する時の恰好

Vラインを脱毛する時は、ベッドに仰向けに寝て、膝を立てて足を肩幅よりも少し開いて片足を外側に開きます。

 

Vラインを左右に分けて照射していくので、右側のVラインを照射したら左側のVラインを照射していくという手順になります。最初は少し恥ずかしいですが、何度か受けていくうちに慣れていくので大丈夫ですよ♪

 

Iラインを脱毛する時の恰好

Iラインを脱毛する時もVラインと同じ格好で施術を受けます。

 

粘膜の部分に当てないように慎重に施術していくのですが、実はIラインは粘膜に近い部分でもある為、VIOの中でも痛みを感じやすい部分。

 

『少し痛いな…』と思ったら遠慮せずスタッフさんに言って下さいね。光を当てる前に声をかけてくれたり、丁寧に施術を行ってくれるので安心です。

 

Oラインを脱毛する時の恰好

Oラインを施術する時はうつぶせに寝て、足は肩幅より少し大きく開いていきます。

 

お尻の穴の周りのムダ毛を脱毛するので、ちょっぴりここも恥ずかしい部分ではありますが、何度も通っていくうちに皆さんも慣れていくものです。

 

むしろVIOが綺麗になっていくと良い事ばかりなので、VIO脱毛は受けておいた方が良いですよ♪

C3(シースリー) 予約